キャッシング

キャッシングを借りた理由 会社員 20代の場合

 

お金を借りた理由

当時、私は新社会人で、申し込んだクレジットカードに付帯していたキャッシング機能を使って定期的にお金を借り入れしていました。
お金を借りた理由としては、新社会人になりお金が足りなくなっていたこと、実家暮らしではあったものの色々と生活必需品が増え、給料を待たずに買える環境が欲しかったことなどが挙げられます。

 

 

 

借りた業者を選んだ理由

当時はセゾンカードを申し込み、そこに付帯していたキャッシング機能を使ってキャッシングをしていました。
セゾンカードを選んだ理由は、大学時代の知人がたまたま勧誘のアルバイトを行っており、その縁から選ぶこととなりました。
毎月定額ではなく、月々の返済額が少なくなる長期コースがあったことも選択の理由になりました。

 

 

返済についての苦労

長期コースにしたは良いものの、なかなか元金が減らずに苦労した思い出があります。というのも、若さゆえのお金の使い方だったのでしょうか。返済が終わる前に何かしらカードで使ってしまうのです。
飲み代などの遊興費はもちろん、服や靴などの衣料費、自分の月々の食費、その他支払いが足りなくなったときなどについついコンビニATMから借り入れをしてしまうので、返済額が毎月微々たるものになっていました。

 

 

 

現状の借り入れ状況

現在の借り入れ状況は約15万円となっています。これに関しては当時の教訓から使い過ぎないようにし、枠が50万円ありますが、その3分の1もしくは5分の1程度に抑えるということを目指しており、自分の年収の1割程度なら借り入れをしても良いという風に自分で決めました。
その決まりが功を奏したのか、現在ではそれほど大きな額の借り入れをすることはありません。

キャッシングを借りた理由 借入れ当時:アルバイト 20代の場合

 

お金を借りた理由

趣味でやっているDTMの機材を購入する目的でお金を借りる事になりました。
私が購入したお店は機材が一番安いんですが、その代わり、クレジットカードでの支払いができないお店でした。
また現金特価なので、一括で払う為にキャッシングをする必要がありました。
若いこともあって、貯金など将来設計もできていなかったのも借りた理由になります。

 

 

借りた業者を選んだ理由

私が選んだ業者は、アコムでしたが、理由はテレビCMなどで、身近に感じていたのと、CMのおかげで知名度が高いので安心して利用できると思い、アコムで借りる事になりました。
本当は、消費者金融ではなく、銀行系で借りたかったのですが、銀行系のキャッシングの審査は難しいと、友人に聞いていたので、消費者金融の中でも、知名度が高いアコムに決めました。

 

 

返済についての苦労

キャッシングの支払いは、一括が一番良かったんですが、なかなか難しので、リボ払いで支払う事になります。
最終的には、このお店で購入せずにクレジットカードが使えるお店で買った方が、安くなる結果になってしまいました。
返済もなかなか進まず、全部返済する為に、3年もかかってしまいました。
計画的に返済する能力がなかったのが、苦労の原因です。

 

 

現状の借り入れ状況

現在の借入状況は、リボ払いが60万円近くあります。
機材の返済は終わっていましすが、他にもいろいろなモノを購入して、リボ払いが終わらない状況になっています。
現在は、なるべく衝動買いをやめて、返済に力を入れています。
リボ払いは、便利な反面、利息が高くなるので、今後は利用しないと思います。
今後高い買い物をする場合は、分割払いなど、先が見える方法でいきたいですね。